« 賃貸物件の未登記の増改築部分の原状回復について | メイン | 再建築と建築基準 43条但し書きの協定書について »

2015年6月 9日 (火)

違法?メーカーと宅建業者の意見相違 宅地として建築確認がおりる方法は?

投稿日 = 2015/6/8
題名 = 違法?メーカーと宅建業者の意見相違 宅地として建築確認がおりる方法は?
お名前 = 川崎
地域・性別・年代 = 兵庫・女性・30代

注文住宅建築目的で宅建業者から宅地として土地を購入しました。
住宅メーカーと間取りを相談中に、
「境界線の問題で、土地が宅地として使えない。このままでは建築確認がおりない。」
と言われました。

問題の境界線は北側で、北側隣家は2.5mほど高い位置にあります。
間に1.6m程度の石垣、その上にブロックが4~5段積んであり、
ブロック上部までコンクリートが入り、隣家の土が上段まで当たっている状態です。
境界線はブロック上を斜めに走る形で、石垣とブロックの大半は当方の敷地に入っています。

住宅メーカーの見解では、ブロックを2段にする、当たっている隣家の土を除去する以外に
建築確認を通す方法はなく、市にも確認済みと言ってきました。
そして、その方法は費用や隣家の協力も必要なので現実的でなく対応できない、
宅建業者がしようとしている建築確認は違法な方法を取っているのではないかとも言われました。

一方、宅建業者は委託している建築士や建築確認機構(?)は問題なく敷地として使える
と言っている。違法な方法ではなく、どこの会社に聞いてもらっても確実な方法だ。
それを証明するために一度検討中の図面で建築確認を取り、
そのデータを住宅メーカーに提示すると言ってきました。

宅建業者と住宅メーカーの意見が食い違っているし、
私たちでは確認することができないので、どうして良いものかわかりません。

また、調べたところ、建築確認は建設途中や建設後にもあるようで、
建設後に問題があった場合にどう対処すべきかもわかりかねます。

当方が購入した土地の東西の隣家もほぼ同じような条件で北側隣家と接しているのですが、
1軒はもうすでに建築中です。

宅地なのか、宅地でないのかはっきりさせるためには、どのように調べればよいのでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/33431305

違法?メーカーと宅建業者の意見相違 宅地として建築確認がおりる方法は?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談.com

  • http://fudosan.jp/
    土・日・月・祭日休みです。掲載・ご返信は平日の火曜~金曜になります、ご了承ください。

    アドバイスのコメント投稿ができるのは、相談者と、日本バイヤーズ・エージェント協議会会員、Facebookの JBA(日本バイヤーズ・エージェント協議会)にいいね!を押していただいている業者さん、以前より投稿いただいているアドバイザーさん、メールマガジン講読業者さん、家のタネでご紹介させて頂いた業者さん、になります。
    詳しくは⇒■アドバイザーの皆様へ

    過去のご相談とアドバイスをまとめた、
    不動産トラブル事例集は↓
    不動産インデックすへ。

不動産相談.comの検索

  • 調べたいキーワードを入れてください