« 農地と宅地の贈与と売却について | メイン | 購入した土地の地盤改良について »

2013年6月25日 (火)

解体更地渡し条件の売却と家屋使用希望の購入について

投稿日 = 2013/6/25
題名= 解体更地渡し条件の売却と家屋使用希望の購入について
お名前 = ヤグス
地域・年代=愛知・30代・男性
ご相談 =

現在、売りに出している我が家の売却について。
築30年を超える家屋の為、解体更地渡しの条件で土地の売却をしようと売り出しました。
先日購入希望の問い合わせがありましたが、家屋も込みで購入したいとの事でした。
家屋については、使用希望とのことです。
当方としては、建物については価値は無いものとして更地渡しの土地売買のつもりでしたが
このような場合、中古付き土地の売買契約ということになり、土地の所有権移転のほか、
建物の表示登記の費用なども売主負担となるのでしょうか?
それとも、古屋付き土地ということで、家屋に関しては登記の抹消を行い引き渡すのでしょうか?
また、家屋について、解体以外ないというくらい価値がないものと思っていますが、
使用希望と言われた以上、瑕疵に対する責任など負担するのでしょうか?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/31666381

解体更地渡し条件の売却と家屋使用希望の購入についてを参照しているブログ:

コメント

表示登記をするということは、建物は未登記なのでしょうか?
建物が価値のないと思われる物件でも、リニューアルして使用したいという買主もいると思うので、家屋込での売却でも問題はないと思われます。
その場合は登記の抹消(たぶん建物の滅失登記の事だと思いますが)はする必要はありません。(そもそも滅失登記は建物を解体しないとできません)
また所有権移転にかかる登記費用等は通常は買主が費用を負担するので、そのあたりは契約書にきちんと明記するとよいでしょう。(抵当権抹消の費用は売主負担)
瑕疵担保責任ですが、一般の人が売主の場合、全く負担しないことも可能です。
これも契約前にきちんと話しあい、重要事項説明書・契約書に明記してください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談.com

  • http://fudosan.jp/
    土・日・月・祭日休みです。掲載・ご返信は平日の火曜~金曜になります、ご了承ください。

    アドバイスのコメント投稿ができるのは、相談者と、日本バイヤーズ・エージェント協議会会員、Facebookの JBA(日本バイヤーズ・エージェント協議会)にいいね!を押していただいている業者さん、以前より投稿いただいているアドバイザーさん、メールマガジン講読業者さん、家のタネでご紹介させて頂いた業者さん、になります。
    詳しくは⇒■アドバイザーの皆様へ

    過去のご相談とアドバイスをまとめた、
    不動産トラブル事例集は↓
    不動産インデックすへ。

不動産相談.comの検索

  • 調べたいキーワードを入れてください