« 契約後の自己都合による解約について | メイン | 保証人と家賃滞納と解約について »

2011年10月21日 (金)

マンションの共有部分の瑕疵について

投稿日 = 2011/10/20
題名 =マンションの共有部分の瑕疵について
地域・年代・=東京・男性・60代
お名前 =Redondo Tokyo
ご相談 =

前略
築32年の大型マンション(世帯数400超)に居住しています。
現在、専有部分のリフォーム(スケルトン)中でありますが、
その過程において共有部分(梁)に損傷が見つかりました。

今日まで気がつかなかったのは、コンクリートむき出しではなく
カバーがされていたことによります。
リフォーム工事に伴い、そのカバーを剥がしたことにより初めて発見されました。

状況的にはコンクリートが幅40センチ 高さ15センチにわたって陥没、
中の鉄筋が丸見えの状況にあります。
管理会社指定の業者による修復を行いましたが、
業者の見解では施工時の瑕疵によるものとのことです。

このケースでの修復費用の負担はどのようになるのでしょうか?

当時の施工業者は倒産、また、売主も再編され
同じグループ企業ですが別会社になっています。

なお、管理組合としてマンション総合保険に加入をしていますが、
この保険の適用が可能でしょうか。

以上よろしくお願い致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/27313667

マンションの共有部分の瑕疵についてを参照しているブログ:

コメント

私見ですが、マンションの梁=基本構造部分ですから、共有部分に該当すると思われます。
その場合は、管理組合が管理し、修繕補修も行うべきでしょう。
その為の修繕積立金とも言えますね。
ですから、保険の適用や費用負担については、基本的に管理組合がその責任において判断すべき問題かと思います。
尚、この修繕工事=共有部分の変更には、管理組合等において普通決議が必要かも知れません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

不動産相談.com

  • http://fudosan.jp/
    土・日・月・祭日休みです。掲載・ご返信は平日の火曜~金曜になります、ご了承ください。

    アドバイスのコメント投稿ができるのは、相談者と、日本バイヤーズ・エージェント協議会会員、Facebookの JBA(日本バイヤーズ・エージェント協議会)にいいね!を押していただいている業者さん、以前より投稿いただいているアドバイザーさん、メールマガジン講読業者さん、家のタネでご紹介させて頂いた業者さん、になります。
    詳しくは⇒■アドバイザーの皆様へ

    過去のご相談とアドバイスをまとめた、
    不動産トラブル事例集は↓
    不動産インデックすへ。

不動産相談.comの検索

  • 調べたいキーワードを入れてください